はじめに

機械や製造の用途に適したハードウェアを選択する場合、フランジナットを使用するか、ナットとワッシャーのコンボを使用するかを決定する必要があります。どちらも部品をしっかりと固定することができますが、選択する前に考慮すべき重要な違いがいくつかあります。

このガイドでは、各オプションの長所と短所を掘り下げて説明し、特定のプロジェクトにどちらが適しているかを判断できるようにします。以下のようなトピックを取り上げます:

  • フランジ・ナット、ナットとワッシャーの組み合わせとは?
  • 2つのオプションの主な違い
  • 各ファスナーの長所と短所 タイプ
  • それぞれの理想的な用途と使用法
  • 正しいサイズと素材の選び方
  • フランジ・ナットとナットおよびワッシャーの価格比較

最後には、フランジ・ナットとナットとワッシャーの組み合わせがどのように違うのか、また、どちらがより適しているのかを明確に理解することができるでしょう。さあ、始めよう!

フランジナット、ナットとワッシャーの組み合わせとは?

まず、フランジ・ナットやナットとワッシャーの組み合わせがどのようなものなのかを確認しておこう:

フランジナット

フランジナットはロックナットの一種で、ベースの周囲にフランジ(またはカラー)が組み込まれている。フランジは、ナットが締め付けられると、アプリケーションの表面に対して圧力をかけるベアリング面となる。これにより、緩みを防止する保持力が増します。

フランジはワッシャーの役割も果たすので、このようなことはない。 外部洗浄機が別途必要 多くの用途で使用されている。フランジナットは、一般的に鋼、ステンレス鋼、真鍮で利用可能です。

ナットとワッシャー

その名の通り ファスナーコンボは、標準的な六角ナットで構成されています。 ウォッシャーとの組み合わせ。この2つの部品は、荷重を均等に分散し、摩耗を減らし、緩みを防止するのに役立つ。

ワッシャーは通常、スチール、ステンレス、その他の金属合金で提供されています。ナットは、次のように、さまざまなスレッドサイズ、材料、および設計があります。 六角ナットカップリングナット、ロックナットなど。

フランジナットとナット/ワッシャーの組み合わせの主な違い

フランジナット
違いをチェックしようフランジナット vs. ナットとワッシャー 2

さて、両方の選択肢を定義したところで、フランジ・ナットとナットとワッシャーの組み合わせの主な違いを見てみよう:

  • 統合コンポーネントと分離コンポーネント - 主な違いは、ナットとワッシャが別々の部品であるのに対し、フランジナットは締結ナットとワッシャを1つの部品にまとめたものである。
  • ロック能力 - フランジナットは、より大きな保持力を持ち、振動や緩みに対する抵抗力があります。フランジ/カラーデザインは、追加の摩擦とロック作用を作成します。
  • 組み立て - フランジナットは、単一の部品としてより速く、より簡単に取り付けることができます。ナットとワッシャーの組み合わせは、2つの別々の部品を扱う必要があります。
  • 重量 - フランジナットは通常、ナットとワッシャーの組み合わせよりも軽量である。フランジ一体型の設計のため、材料が少なくて済みます。
  • 厚さ - フランジナットは薄型です。スリムなワッシャーフランジ一体型のため、ワッシャ単体よりもスペースを取りません。
  • 負荷分散 - ナットとワッシャーの組み合わせは、力をより大きな表面積に分散させることができる。セパレートワッシャーはフランジカラーよりも幅が広い。

フランジナットの利便性と、ナットとワッシャーの組み合わせによるカスタマイズ可能な強度の間には、明確なトレードオフがあることがお分かりいただけるだろう。

フランジナットの長所と短所

さて、両者を比較したところで、フランジナットの長所と短所を具体的に掘り下げてみよう:

長所だ:

  • 単一の統合コンポーネントで迅速な組み立てを実現
  • ロックフランジ設計により振動による緩みを防止
  • ナットとワッシャーの組み合わせより軽量
  • スペースに制約のあるアプリケーション向けの薄型/厚さ
  • 多くの用途で別個のワッシャーの必要性を排除
  • スチール、ステンレススチール、真鍮など幅広い材質を選択可能

短所だ:

  • 限られたフランジ厚では、大きな面積に荷重を分散できない
  • ワッシャーのサイズや素材を組み合わせるほどカスタマイズできない
  • 通常の六角ナットより高価
  • 取り付け/取り外しにはフランジナット専用の工具が必要
  • 潤滑不足は焼き付き/目詰まりの原因となる。

全体的に、フランジナットは、緩みを防止することが重要である高振動用途や、重量に敏感でスペースに制約のある設計に優れています。

ナットとワッシャーの組み合わせの長所と短所

ナットとワッシャーの組み合わせについて、注目すべき長所と短所をいくつか挙げてみよう:

長所だ:

  • ワッシャとナットの組み合わせによる高いカスタマイズ性
  • より厚いワッシャーは、より大きな表面に荷重を分散させることができる。
  • ワッシャーの歯/セレーションがグリップ力を高める
  • 低コストの標準ハードウェアであれば、再利用可能な組み合わせ
  • 標準的なスパナで簡単に分解可能
  • フランジナット以外の多様なナットスタイル(六角、ロックなど)

短所だ:

  • 取り扱いと組み立てが2つの部品に分かれている
  • 洗濯機の紛失や置き忘れの可能性
  • フランジナットオプションより重量が重い
  • 適切な締め付けが行われないと、緩みや振動が発生する。
  • 一体型ロック機能の欠如
  • 緩みを防止するためにネジロック剤が必要になる可能性がある。

全体的に、ナットとワッシャーの組み合わせは、特定の用途のためのより多くの柔軟性とカスタマイズを提供します。しかし、シングルピースフランジナットと比較すると、利便性とロック能力に欠ける。

理想的な用途と使用法

長所と短所を考慮した上で、それぞれのファスナーの理想的な使い方をご紹介します:

フランジナットの最適な用途

フランジナットは、次のような用途に優れている:

  • ベアリング、プーリー、その他の回転部品の固定
  • 高振動環境での部品の締結
  • 薄型が必要な用途
  • 航空機アセンブリのような重量に敏感な設計
  • 耐ゆるみ性が重要な場所

金属やプラスチックなどの素材のタップ穴やスタッドに適しています。一体型フランジは、多くの状況でワッシャーの代わりとなります。

ナットとワッシャーの組み合わせに最適な用途

一方、ナットとワッシャーの組み合わせが最も効果的だ:

  • より広い範囲への負荷分散が必要な用途
  • 頻繁に分解されるファスナーアセンブリ
  • カスタマイズ可能なワッシャーのサイズ/素材が有益な場所
  • 部品間の摩耗や磨耗の防止
  • 再利用可能なハードウェアによるコスト重視の基本アセンブリ
  • 物体を壁や皿などの平面に固定する

多用途に使えるミックス&マッチ・ソリューションが必要な場合に最適です。また、ワッシャーが分かれているため、グリップ力、位置決め、荷重分散が向上します。

正しいサイズと素材の選び方

フランジ・ナットまたはナットとワッシャーの組み合わせを選ぶ際には、以下のような要素を考慮する必要がある:

  • ネジサイズ - ナットのサイズをねじ穴、スタッド、またはマシンスクリューに合わせます。標準サイズには、M3、M4、M5、M6、1/4"、5/16"、3/8 "などがあります。
  • ナットの厚さ/高さ - アッセンブリーのスペースの制約内に収まることを確認する。フランジナットの方が薄型です。
  • フランジ外径/ワッシャサイズ - 直径は、適切な荷重分散を可能にするものでなければならない。ワッシャーの外径はフランジの外径より大きくてもよい。
  • 硬度 - 真鍮のような柔らかい素材は締めやすいが、緩みには強くない。スチールは振動で緩みにくい。
  • コーティング - 亜鉛メッキやワックスコーティングは、腐食やカジリを抑える。
  • 強さ - グレード5とグレード8のスチール・ナットは、低グレードよりも強度が高い。
  • 素材 - 耐食性、定格温度、必要強度、コストを考慮する。

ナットとワッシャを適切に選択することで、確実なはめあい、十分な強度、用途に応じた最適な性能を確保できます。重要なファスナーのコスト削減のために品質を犠牲にしないでください。

フランジナットとナットおよびワッシャの価格比較

この2つの選択肢を評価する場合、ハードウェアの価格設定も考慮すべき要素の1つである。以下はその概要である:

  • フランジナット - 通常の六角ナットよりも高価である。ステンレスと真鍮のフランジナットは、サイズに応じてナットあたり$5-$20の費用がかかります。
  • ナッツ - スチールやステンレスのナット1個あたり$0.10~$2程度からの安価な基本金物。合金やグレード8のナットはより高いコスト。
  • ワッシャー - スチールおよびステンレス製でワッシャー1個あたり$0.01~$1と非常に安価。特殊な合金やデザインでは価格が上がります。

そのため、ナットとワッシャーの組み合わせは、基本的なハードウェアでコストを抑えることができるが、組み立てに余分な労力がかかるため、多くの自動化および生産アプリケーションでは、フランジナットの方が全体的に経済的であることが多い。

結論

フランジナットを選択する場合とナットとワッシャーの組み合わせを理解することで、特定の機械的要件に最適なファスナーを選択することができます。これらの重要なヒントを覚えておいてください:

  • 耐振動性、軽量化、迅速な組み立てが必要な場合は、フランジナットを使用します。統合されたフランジは、別々のワッシャを排除します。
  • ナットとワッシャーの組合せを選ぶことで、材料やサイズの混合によるカスタマイズが可能。荷重分散が必要な用途に最適です。
  • 長所と短所を比較し、設置の必要性、コスト制約、性能の要求に適したオプションをお選びください。
  • ナットのサイズ、材質、コーティング、定格強度を用途に合わせましょう。重要なファスナーに手抜きは禁物です。

特殊な用途には、特注のフランジナットやワッシャーも製造できる。独自の要件については、ファスナーの専門家に相談することをお勧めします。

連絡先 +86 17768118580 またはEメール [email protected] フランジナット、ナットとワッシャーの組み合わせ、またはお客様のプロジェクト用のカスタム金物に関するお問い合わせは、当社までご連絡ください!当社のエンジニアリングチームが、理想的なソリューションを見つけるお手伝いをいたします。

クロードが提供するリンクは常に有効で最新であるとは限りません。リンクの正確性を向上させるため、ご容赦ください。