はじめに

家の周りやガレージでDIYプロジェクトを行う場合、適切なファスナーがあるかないかで、大きな違いが生まれます。最も一般的なファスナーは、六角ボルトとキャリッジボルトの2種類です。しかし、どのような場合にどちらを使うべきなのでしょうか?この記事では、六角ボルトとキャリッジボルトを比較し、特定のニーズに対してどちらが最適な選択かを判断できるようにします。

ヘックスボルトとは?

ヘックス・ボルトは、ヘックス・キャップ・スクリューと呼ばれることもあり、六角形の頭部とタップ穴にねじ込む機械ねじを持っている。六角形の頭部は、スパナで簡単にボルトを握って回すことができる。六角ボルトは、機械から建設プロジェクトまで、あらゆる用途で使用されている。さまざまなサイズがあり、スチール、ステンレススチール、真鍮、アルミニウムなど、さまざまな素材から作られている。

六角ボルト、ASME B18.2.1、SAE J429 2、ホワイト亜鉛

 

キャリッジボルトとは?

キャリッジボルトは、六角頭の代わりにドーム型の頭を持つ。しかし、六角ボルトのような機械ねじもある。重要な違いは、キャリッジボルトはドーム型の頭の下に四角い首があることだ。この四角い首が木に食い込み、ボルトを締めるときにボルトが回転するのを防ぎます。 突出したネジ山にナット.キャリッジボルトは、木工用に特別に設計されています。

六角ボルトとキャリッジボルト

強さと用途を比較する

六角ボルトとキャリッジボルトのどちらを使うかを決める際には、まずプロジェクトの目的を考慮する必要があります。この2つの一般的なファスナーの長所と用途を比較してみましょう:

  • 剪断強度と引張強度: 六角ボルトは、せん断強度と引張強度の点でキャリッジボルトより強い。頭部が六角形であるため、ボルトを締め付ける際に、より大きなトルクを加えることができる。そのため、高い強度が必要な用途には、六角ボルトの方が適しています。
  • 耐振動性: キャリッジボルトの頭の下にある四角い首は、振動に対してボルトを固定するのに役立ちます。そのため、手すりや家具のように揺れたり動いたりする可能性のある用途では、キャリッジボルトは時間の経過とともに緩む可能性が低くなります。
  • 握力: キャリッジボルトは、空回りすることなく木材によくグリップするので、木工に理想的である。六角ボルトはそのようなグリップ力がないため、ワッシャーなどで固定しない限り、締め付け時に木材の中で空回りしてしまう。
  • 組み立て: キャリッジボルトは、レンチを使うだけで木材に素早く簡単に取り付けることができる。六角ボルトは、まずドリルで穴を開け、タップでねじ込む必要がある。そのため、六角ボルトは組み立てに時間と工具がかかる。
  • 登場: キャリッジボルトのドーム型頭部は、頭部が露出している方がすっきりとした仕上がりになる。六角ボルトは、より工業的な外観を持つ。

一般的なアプリケーション

それでは、それぞれのファスナーの最も一般的な用途を見てみましょう:

六角ボルトの使用時期

  • 金属加工プロジェクト
  • 機械設備
  • 自動車用途
  • 手すりや階段などの工事
  • どんなものでも よう 高強度
  • 金属と金属、金属とコンクリートの固定

キャリッジボルトの使用時期

  • 木工プロジェクト
  • 動いたり揺れたりする可能性のある家具
  • ドックの杭や水にさらされた木材
  • デッキ手すりの支柱
  • フェンスまたは標識柱
  • ドア、棚、その他の装飾的な木工品

六角ボルトとキャリッジボルトの比較:最良の選択

DIYプロジェクトでファスナーを選ぶ際には、以下の重要な要素を考慮してください:

  • 木材、金属、コンクリートなど、どのような材料同士を固定するのですか?
  • 高い強度と耐トルク性が必要ですか?
  • 振動や移動がありますか?
  • スピードと設置のしやすさが必要ですか?
  • 露出したヘッドはどうなるのか?

要約すると

  • 六角ボルト 金属、高強度、機械加工用途に最適です。六角頭は振動に強く、工業的な外観を持つ。
  • キャリッジボルト は、木材を素早く固定し、しかも空転しにくい理想的な製品です。ドーム型の頭部は、仕上げられた装飾的な外観を提供します。

どのようなプロジェクトでも、Jmet Corpはあらゆるサイズと材質の六角ボルトとキャリッジボルトを豊富に取り揃えております。最適なファスナーを選ぶお手伝いをいたします。私たちのチームは、お客様のDIYに関するご質問や金物に関するあらゆるニーズにお応えします!

よくある質問

ヘックスボルトとヘックスキャップスクリューの違いは?

ヘックスボルトとヘックスキャップスクリューは、同じタイプのファスナーの2つの名称であり、実際の違いはありません。頭部が6角形のため、スパナを使って締め付けることができる。

キャリッジボルトにはどのような材質がありますか?

ほとんどのキャリッジボルトはスチール製かステンレススチール製である。しかし、アルミニウム、真鍮、その他の金属で作られていることもある。四角い首とドーム型の頭部が、六角ボルトとの違いです。

木ではなく金属にキャリッジボルトを使うことはできますか?

できるかもしれないが、金属用途には六角ボルトの方が適している。キャリッジボルトの四角い首は、金属に使う場合、グリップする木材がなければ何の役にも立たない。

キャリッジボルトとラグボルトは同じものですか?

ラグボルトは、木材にねじ込んで固定するための太く粗いねじ山を持っています。キャリッジボルトは六角ボルトのような滑らかなねじ山で、ナットで固定する。

木工プロジェクトに最適な六角ボルトとキャリッジボルトのサイズは?

ほとんどの家具や木工用途では、直径1/4″~5/16″のサイズが、オーバーサイズにならずに強度のバランスがよい。下穴のサイズはボルトの直径に合わせてください。

キャリッジボルトや六角ボルトにワッシャーは使えますか?

ワッシャーは荷重を分散し、表面を保護するのに役立ちます。ボルトの頭の下か、一度ねじ込んだナットの下にワッシャーを使用する。締め過ぎは避ける。

結論

作業台の製作、機器の製造、手すりの設置、その他のDIYプロジェクトの完成にかかわらず、適切なボルトがあれば作業が容易になり、完成品の耐久性も向上します。ボルトが使用される場所、必要な強度、耐振動性、取り付けのスピード、外観、その他の要素を考慮してください。六角ボルトは、高い強度が求められる金属製の作業に最適で、キャリッジボルトは、空転を防ぎながら木材を素早く締めるのに優れています。

お客様の次のDIYや商業プロジェクトに必要な六角ボルトやキャリッジボルトの正確なタイプ、サイズ、数量を注文するには、Jmet Corpのチームにご連絡ください。手間いらずのご注文、迅速な発送、競争力のある価格設定で、お客様のあらゆるファスナーニーズにお応えします。また、最適なボルトの選定についてご不明な点がございましたら、金物専門家がご指導いたします。ブラケット、ナット、ワッシャー、スクリュー、ボルト、特殊金物など、お客様のプロジェクトのビジョンを実現する金物は、Jmet Corpにお任せください!