錆びていませんか?亜鉛メッキ製品に赤茶色の腐食が見られるのは、あなただけではありません。錆はよくある頭痛の種ですが、光沢のある亜鉛メッキを保護し、錆を抑える方法があります。このページでは、亜鉛メッキのプロから役立つヒントをご紹介します。 株式会社ジュメット - 2001年以来、高品質の亜鉛メッキファスナーを提供しています。

亜鉛メッキ
亜鉛メッキ

亜鉛メッキの錆とは何か、なぜ起こるのか?

金属が水分にさらされると錆が発生し、赤く、はがれ、ざらざらした皮膜が形成され、その下にあるむき出しの金属を食い破りながら広がっていきます。しかし、亜鉛メッキの錆は、一般的な鋼鉄の赤色酸化鉄錆と比較して、はっきりとした外観を呈します。亜鉛メッキの錆は、黒っぽく、時には黒に近い色に見え、赤錆に比べてゆっくりと広がっていくように見えるかもしれません。

きれいに亜鉛メッキされた表面に忍び寄るこの黒っぽい腐食は、保護亜鉛層が損なわれたときに起こります。ひっかき傷、傷、切り傷、その他の損傷によって、水と酸素が下地の鋼鉄に到達します。そして錆が形成され、より多くの鋼鉄を消費し、周囲の亜鉛の下で外へと向かっていきます。

亜鉛メッキが施される製品とその理由

多くの産業で、多くの金属製品が腐食を防ぐために亜鉛メッキを利用している。建設業界では ハードウェア 釘、ネジ、ブラケット、ナット、ボルトのような錆に強い部品は、構造物を健全に保ちます。自動車メーカーは、ディスクブレーキ・キャリパー、バルブ、スプリング、タイロッド、スタビライザー・リンクなどの部品を亜鉛メッキし、自動車の寿命を延ばしている。ゲート、フェンス、ユーティリティ・ラックなどの小さな金具にも、保護のために亜鉛メッキが施されるのが一般的です。

鉄や鋼鉄に比べ、亜鉛は腐食が遅いため、ペアリングの際には犠牲的な役割を果たす。実際には亜鉛が先に腐食し、酸素や水分がその下の鉄に到達するのを防ぎます。このため、亜鉛メッキは、長持ちさせる必要のあるあらゆる金属部品の錆と戦う最良の方法のひとつとなっている。

亜鉛メッキの錆を防ぐ:Jmet Corpの6つの重要な戦略

表面 部品にサビが発生 と金物?錆び防止のためのヒントをご覧ください:

1.傷に素早く対処する

素地が露出するような損傷に気づいたら、すぐに対処してください。赤錆の痕跡をやすりで削り取り、徹底的に洗浄し、ZRCのような冷間亜鉛メッキ・コンパウンドを塗布して、欠落している亜鉛保護層を保護亜鉛層に置き換えます。

2.粉体塗装の検討

過酷な条件下や非常に重要な金属部品には、亜鉛メッキの上に粉体塗装のような別の層を追加することで、さらなる保険が得られる。粉体塗装は耐久性のあるプラスチックのようなシールドになります。長寿命が重要な製品への粉体塗装の追加については、Jmet Corpにご相談ください。

3.亜鉛を硬化させる時間を与える

適切な硬化時間により、亜鉛メッキが完全に定着し、後の腐食に耐えることができます。Jmet Corpの亜鉛メッキは常に要求される基準を満たしていますが、最初の48時間は極端な条件を避け、少し特別な注意を払うことで、最良の結果が得られます。

4.定期的な清掃

亜鉛製金具の標準的なメンテナンスの一環として、定期的なやさしいクリーニングを行いましょう。これにより、時間の経過とともに腐食の原因となる汚れや表面の塩分が取り除かれます。亜鉛仕上げを劣化させる可能性のある刺激の強い化学薬品は避けてください。

5.潤滑と保護

ファスナー、ヒンジ、ラッチ、スプリング、亜鉛メッキの可動部品は、研磨や摩耗を防ぐために軽く潤滑しておくこと。磨耗した部分は腐食のターゲットになります。防錆剤を使用すれば、防湿効果もあります。

6.メンテナンスの少ないデザインを選ぶ

隙間を作らないシンプルな金具、湿気を溜め込まない仕上げ、アクセスしやすいアッセンブリーデザイン。Jmet Corpは、メンテナンスの少ない亜鉛メッキのセットアップをご提案いたします。

ジンクコーティング製品を保護するための完全なスクープをお求めですか?耐食性の持続が重要な特別なプロジェクトをお持ちですか?ご連絡ください!Jmet Corp.の亜鉛メッキのスペシャリストが、どんなカスタム金属製品にも錆びを発生させないためのあらゆる答えを持っています。

よくある質問亜鉛メッキさびに関するよくある質問にお答えします。

亜鉛メッキされた金属部品の修復とメンテナンスに関する解決策をお探しですか?よくある質問にお答えします:

亜鉛の表面から錆を除去する一番早い方法は?

素早く錆を落とすには、ワイヤーブラシや研磨パッドで擦った後、破片を洗い流し、きれいに拭き取ってから、コールド・ガルバニーズ/ジンク・タッチアップ・コンパウンドを塗ります。この手ごろな修理は、保護亜鉛層を再構築し、さらなる錆を防ぎます。

亜鉛メッキ部品を保護するためには、何を塗ればよいですか?

粉体塗装、ペイント、オイル/ワックス、防錆シーラーなどのトップコートオプションは、亜鉛製品の湿気や錆に対する防御を強化することができます。特定の用途や環境に最適な保護システムについて、Jmet Corpにご相談ください。

亜鉛メッキの部品が時間とともに腐食するのは普通のことですか?

天候や屋外条件に長年さらされれば、ある程度の黒っぽい亜鉛の腐食は予想される。しかし、dmg336著しい赤錆は問題があることを示しています-その場所では亜鉛保護が完全に消費され、スチールが腐食しています。そのような箇所は速やかに対処してください。

プレートファスナーを自宅で自分で亜鉛メッキできますか?

DIYによる家庭での亜鉛メッキは、経験の浅い人には困難で危険です。部品は大規模な洗浄/脱脂、複数の化学浴、すすぎ、乾燥、硬化を経る必要があり、専門家でない場合は容易ではありません。Jmet Corpを信じてください。

亜鉛メッキの耐食性はどのくらい持続しますか?
適切に手入れされた高品質の亜鉛メッキは、何年も、場合によっては何十年も赤錆から守ってくれるはずです。薄いメッキは、厚い(0.003インチまで)メッキに比べ、時間の経過とともに保護力が低下します。プロジェクトの耐用年数やサービスニーズについては、Jmet Corpにご相談ください。

お客様の重要な金属部品の外観を美しく保ち、長期にわたって最適に機能させるために、Jmet Corpの亜鉛メッキリーダーをご活用ください!お客様独自の防錆ニーズについて、今すぐご相談ください。

結論亜鉛メッキの錆を止めるために協力する

錆は眠らないということわざがあるように、亜鉛仕上げの金具や部品の腐食を抑えるには、継続的な意識とメンテナンスが鍵となります。しかし、一人で錆と戦う必要はありません。ジュメット・コープは、17年以上にわたる亜鉛メッキと金属仕上げの経験を生かし、卓越したサービスとソリューションを提供し、全面的にサポートします。

長持ちする耐久性のある亜鉛仕上げをご希望ですか?お客様の環境での防錆を簡素化するための馬鹿にできない推奨事項が必要ですか?オーダーメイドの精密亜鉛メッキを必要とする特殊金属製品をお持ちですか?ジュメットコーポレーションにお任せください。亜鉛メッキの錆を食い止めるために、今すぐご連絡ください!