ネジ付きロッドを探しているが、選択肢が多すぎて迷っている?それはあなただけではありません。さまざまなサイズ、ねじの種類、仕上げ、グレードから選べるため、DIY愛好家にとってもプロにとっても、ねじ切り棒の購入は圧倒されることでしょう。このバイヤーズ・ガイドでは、ネジ棒を購入する際に考慮すべき主な要素を説明しますので、プロジェクトに必要なものを正確に手に入れることができます。

ねじ棒を購入する

スレッドロッドとは?

ネジ付きロッドは、全ネジ付きロッドとしても知られている。 ねじ付きロッド その全長に沿って走る。これは ナットとワッシャー アンカーとして機能する。

ねじ切りされた棒は構造、製造業および DIY で一般に使用される 通常のネジやボルトの代用として、より強力なプロジェクトに使用できます。.ロッドに沿ってナットを動かすことで、対象物の間隔を調整できる。

ネジ棒の主な用途

ネジ棒の最も一般的な用途をいくつか紹介しよう:

  • 棚や作業台を支える
  • ベッドフレームと家具の製作
  • 手すり、フェンス、トレリスの固定
  • ケーブル、パイプ、ダクトの吊り下げ
  • デッキやパーゴラなどの住宅設備の固定
  • 小屋や温室のトラスとジョイントのブレース加工

ネジ付きロッドは、張力や重量に対応できる調整可能なコネクターが必要な用途に最適です。連続的なねじ山により、あらゆる配置でコンポーネントを配置し、ロックすることができます。

ネジ棒のサイズ

ねじ棒は1/4の″からの1つの″への直径の範囲および12の″からの20の長さで来る。DIYや建設プロジェクトに使用される最も一般的なサイズは次のとおりです:

  • 1/4″ロッド - フック、アンカー、ケーブル・サポートの固定などの軽作業
  • 3/8″ロッド - 棚用ブラケット、家具、手すりなど、中荷重用
  • 1/2″ロッド - 構造用ブレースや耐荷重フレームなどの重荷重用

より大きな3/4″と1″の直径のロッドは、一般的に産業環境で使用されます。あなたのアプリケーションが処理する必要がある負荷に十分なロッドの太さを選択することを確認してください。

スレッドの種類

ねじ付きロッドには、主にいくつかのねじの種類がある:

  • 国連規約 - 統一並目ねじは、一般的な用途で最も一般的です。素早い組み立てのために、より広いねじ山が離れた間隔で形成されています。
  • 国連規約人権委員会 - ユニファイド・ファイン・スレッドは重荷重に強い。振動による緩みにも強い。
  • アクメ - アクメねじは、高い強度と衝撃荷重への耐性を備えた台形状である。
  • メートル - M8、M10、M12のようなサイズのメートルネジは、主に海外で使用されているが、国内でも入手可能である。

ネジ棒が、使用予定のナットと継手に合っていることを確認してください。ネジの種類が異なると、正しく組み立てられません。

ねじ棒の等級

ネジ棒は様々な金属合金から製造され、等級によって棒の強度と曲げに対する抵抗力が異なる:

  • グレード2 - 基本的な低炭素鋼、軽荷重用の手頃なオプション
  • グレード5 - ほとんどの家庭での使用に適した中強度の合金ロッド
  • グレード8 - 重量構造物支持用高張力合金棒
  • ステンレス鋼 - 耐食グレード304ステンレス鋼ネジ棒

グレードの高いロッドは、より大きな荷重を支えながら直径を細くすることができる。グレード5は、ほとんどのDIY用途に適しています。ステンレス鋼は、濡れた環境でも長持ちします。

コーティングと仕上げ

いくつかの一般的な仕上げのネジ棒を購入できる:

  • 亜鉛メッキ - 錆に強い光沢のあるシルバー亜鉛コーティングを施した低価格ロッド
  • 亜鉛メッキ - 耐食性を高める溶融亜鉛コーティング
  • ステンレス鋼 - 耐食性に優れているため、コーティングが不要
  • ブラックオキサイド - 経年変化したマットな外観のブラックコーティング

仕上げを選ぶ際には、湿度や化学物質の可能性など、環境要因を考慮してください。亜鉛メッキやステンレスのロッドは、屋外で最もよく持ちこたえる。

ネジ棒の購入

さて、何を見るべきかがわかったところで、ネジ棒を購入する際のヒントをいくつか紹介しよう:

  • 金属用品店や金物店で購入するのが最も良い選択である。
  • 長めのものを購入し、必要に応じてカットすれば、1フィートあたりのコストは安くなる。
  • ロッドを購入する前に、へこみやスレッドの損傷などの欠陥がないか点検してください。
  • ナット、ワッシャ、その他のフィッティングに適合するスレッドがあることを確認する。
  • 弓のこやパイプカッターがない場合は、店で長さに合わせてロッドをカットしてもらう。
  • 将来のプロジェクトのために、さまざまな直径と長さのものを購入する。

ねじ切りロッドの加工

適切なネジ棒を手に入れたら、それを使うためのヒントをいくつか紹介しよう:

  • 適切なナット(ジャム・ナットまたはロック・ナット)を使用し、ロッドをしっかりと固定する。
  • ロッドをまっすぐに切断するために、マイターボックス・ガイドを使ってハクソーで切断する。
  • 切り口をヤスリで削り、ネジ山がナットにスムーズに入るようにする。
  • 接続部の内側にグリースまたはスレッドシーラントを使用して、屋外での腐食を防止する。
  • ネジ山を傷つけないよう、ナットはしっかりと締め付ける。
  • ロッドが木材などに接触する部分にはワッシャーを追加し、食い込みを防ぐ。

正しい知識があれば、ネジ棒の購入と使用は簡単です。特定のプロジェクトに必要な耐荷重、長さ、ねじの種類、等級を決めるだけです。そして、ネジ棒と一緒に使えるように設計されたナットやアクセサリーを選ぶようにしてください。利用可能なオプションの広い範囲で、ほぼすべてのアプリケーションに最適なロッドを見つけることができます。このガイドに従うだけで、あらゆるプロジェクトにプロのように取り組むことができます。

よくある質問

オールスレッドロッドとスレッドロッドの違いは何ですか?

オール・スレッド・ロッドとスレッド・ロッドは、同じ製品、つまり全長にわたって連続的にねじが切られたスチール・ロッドを指す。この用語は互換性があります。

スレッドロッドはどれくらいの重さを支えることができますか?

耐荷重は直径とグレードによって異なります。1/4″径のグレード2ロッドは、1フィートあたり約90ポンドを保持できる。1/2″グレード5は、静的に1フィートあたり800ポンド以上を保持することができます。動的負荷はより低い容量を要求する。

ねじ付きロッドは曲げられるか?

推奨されません。スレッドロッドは張力に耐えるように設計されていますが、曲げるとスレッドが損傷し、ロッドが弱くなります。方向を変える必要がある場合は、カプラー継手を使用してください。

ネジ付きロッドの切断と取り付けに必要な工具は?

ロッドのサイズを決めるには、ハクソーかパイプ・カッターが必要です。切断時にロッドを固定するバイスを用意する。ネジやすり、マイターボックス、スレッドシーラントなどのオプションツールは、作業をより簡単にします。

ネジ棒の錆を防ぐ最善の方法は?

耐食性には、亜鉛メッキ、ステンレス、または黒酸化皮膜処理されたロッドを使用してください。屋外に設置する場合は、グリースまたはスレッドシーラントを追加してください。接続部の焼き付きを防ぐため、定期的に点検と清掃を行ってください。

結論

DIYで棚を作ろうが、強風からフェンスを守ろうが、ネジ棒があれば大丈夫。この便利なバイヤーズ・ガイドでは、ネジ棒のさまざまなサイズ、等級、仕上げ、用途について詳しく説明しているので、次のプロジェクトに最適なタイプを選ぶことができる。金物店に行けば、必要な材料はすべて手に入ります。ロッドをサイズに合わせてカットし、ナットとワッシャーで固定するだけで、頑丈なネジ棒の利点を享受できます。このアドバイスを参考に賢く買い物をすれば、用途にぴったりのネジ棒が手に入るはずです。